事業内容

株式会社食のマーケティングとは

株式会社ローソンと株式会社食文化がそれぞれ培ってきた多様なマーケティングソリューションを複合的に多展開させることで、1次産品の付加価値を最大化。「全国各地の産地振興」、「消費者の豊かな食生活」、「食文化の伝承・発展」を実現します。

全国各地の生産者の方へ(例えば、こんなことも出来ます!)

新品種や希少品種のマーケティング

生産量が少ない段階、栽培技術が未熟な段階でも、地域や客層を限定した実際の販売を通じて、
消費者のニーズや感想・意見のすくい上げができることから、 数年かけてのプロモーション(ブランド化)を、販売という実務を通じて可能にします。
生産規模が拡大・安定した際には、築地市場との連携により、幅広い実需者(小売店やホテル、飲食店等)への販路も確保できます。

規模の大小に関わらない、長期的・段階的なマーケティング支援

単発のマーケティング支援では無く、複数年を費やす段階的なマーケティング支援を行えます。
そのため、生産規模の漸増や後継者育成といった課題に直面した際も、その状況に応じて、
マーケティング支援の内容を柔軟に変えていくことができるため、小規模生産者でも価値ある商品があれば、世に送り出すことが可能となります。

6次産業化のパートナー

株式会社ローソンと㈱食文化の幅広いマーケティングソリューション・販路だけでなく、
野菜スイーツ専門店を展開するポタジエ、グルメ雑誌のdancyu、築地市場内の卸売商社などの
異業種ネットワークも活用し、農畜水産の6次産業化にも強力なバックアップが可能です。
メニュー検討から商品化や物流手法まで、一気通貫で6次産業化のパートナーになることが出来ます。
地域全体を「食の文化圏」として売込んでいくことも可能となり、地域全体の活性化により貢献できます。

㈱食のマーケティング 事業概要・詳細図

graph_activity_d02

株式会社食のマーケティングでは新品種など生産物の展開や食を通じた地域振興などをご検討されている生産者様、企業、団体を募集しています。会員登録はこちらからどうぞ。